Education


Student Interviews

充実した学生生活で東北大学の魅力を実感

東北大学理学部化学科 4年
大浦 早紀さん

理学部化学科 4年の大浦 早紀さんに大学での研究生活について伺いました。
インタビュー:大浦 早紀
研究室ではどのように研究に取り組まれていますか?

化学的な観点から生物の生命機構を解明するケミカルバイオロジーを研究しています。現在は、基礎となる有機化学の勉強を中心に、植物ホルモン様の活性をもつ天然有機化合物の合成に取り組んでいます。最先端の研究を進める中で戸惑うことも多いですが、先生方と気軽にディスカッションをすることで、基礎を一つ一つ積み重ねていくことができています。また、異なる分野を専門とする先生方から幅広い知識を吸収できるため、一つの実験に対して様々な観点から考えられるのも魅力です。時には研究だけでなく、仙台名物の芋煮会で研究室内の親睦を深めたり、スポーツ大会を通して他の分野の人と交流したりできるのも良い機会になっています。日々新しい学びと発見をしつつ、仲間と共に和気あいあいと研究生活を送っています。

将来の目標や学んだ化学でどのように社会へ貢献したいか教えてください。

化学科に入学した当初は、自分の興味のある応用研究と大学で学ぶ基礎理論との間にギャップを感じていました。しかし、化学科で勉強を進めてきて分かったことは、化学を深く学ぶことは新しいものを生み出す力につながるということです。また、化学科で学ぶ専門性や論理的思考は、研究者のコミュニティにとどまらず広く社会で必要とされている能力であるように感じます。将来の職業はまだ決めかねていますが、どんな道に進むにせよ、身に付けた能力や知識をおおいに生かせることは確かだと思います。そのためにも、現在の研究に一生懸命取り組んでいます。今後は、さらに広い視野で物事を考えられるよう海外留学にも挑戦したいと考えています。

-ありがとうございました。
2017年6月1日当時の学年となっております。
影
  • 東北大学
  • 東北大学大学院理学研究科・理学部
  • 東北大学巨大分子解析研究センター
| ENGLISH |